なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
北京胡同遊
2012-01-13 Fri 00:26
あけましておめでとうございます。
二〇一二年も宜しくお願いします。


胡同とは北京の中心部に残る旧市街(今の北京市はかつての城壁内の範囲より相当に拡大している)のことで、そこを巡り歩く「胡同遊」が最近の流行りらしい。海外にも盛んに紹介され、おしゃれに整備された区画には外国人観光客も多い。北京の民俗住居である「四合院」や街角の食べ物屋さんなどが見所だ。


IMG_8093.jpg
北京の冬は昼間でも氷点下。池は凍って人々のスケートリンクとなる。

IMG_8160.jpg
長い間使い込まれてきた扉の装飾具。色んな歴史を見てきたはずだ。

IMG_8190.jpg
食べ物の名前が多く、ここは「黒胡麻胡同」という住所。並木がきれい。

IMG_8171.jpg
なんと胡同の中の貸し店舗に日本のたこ焼き屋さんが!食べ損ねた。

IMG_8167.jpg
手書きの番地と「個人宅なので入らないでください」という張り紙。

IMG_8169.jpg
車が通れない胡同では、三輪車リヤカーがずっと生活の足になってきた。

IMG_8219.jpg
下町の食べ物屋さん。道が狭かろうと、おいしい店には長い列ができる。

IMG_8232.jpg
並んでいる客同士で「どこどこがおいしいよ」という情報交換がなされる。


これらの風景は、きっと夏になってもきれいだろう。
太陽が瓦屋根を焼き、街路樹がよく茂り、水辺には柳が垂れる。
やっぱり、北京が一番好きな街だと思う。





スポンサーサイト
別窓 | 流れ行く日々 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<空の色 | 紅炉一点雪 | 2011年>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。