なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
みーはー
2012-02-05 Sun 00:13
会社の募集で、今日と明日、大阪国際交流センターで開かれる「ワン・ワールド・フェスティバル」のボランティア・スタッフをやっている。西日本で最大の国際交流イベントで、2万人近い入場者が来る。私の担当はインフォメーションで、入り口のブースで案内をしたり、館内館外の巡回、そして来場者カウントなどが仕事だ。

まー仕事は普通なのだが、今日の一番の出来事はモデルの冨永愛さんに会えたこと。冨永さんは『なんとかしなきゃ!見過ごせない55億人』という貧困についての講演会に出演していて、その終わり頃にちょうど近くのインフォメーションブースの担当だった私は、ちらちらと会場の出口を気にかけていた。すると、我々ボランティアとは違うオーラを放つ専属スタッフらしき人たちがばたばたと出入りし始め、私はもしやと思い、進んで出口のドアを押さえておくのを手伝だった。そしたら数分後、ドレスに黒いショールを羽織った冨永さんが出てきたではないか!やはり世界トップのモデルだけあって、常人離れしたプロポーションだったし、そのクールな存在感はとても印象に残った。

ちょっと驚いたのは、冨永さんが別に顔も隠さずに、一人しかスタッフを連れず、各団体のブースや来場者でごった返すメイン会場をすたすたと歩いて突っ切り、堂々と正面玄関から出て行ったこと。あまりに普通に歩いていたので、周りの人もあまり気付いていないようだった。もっと物々しい警備とか、目立たないように裏口から出て行くのとかを想像していたけど、こんなものかしら。

実は冨永さんは神奈川県相模原市の出身で、言わば私とジモティーである。Wikiの経歴で見ると、馴染みの深い学校名ばかり出てくる。(あそこバスで毎日通ったよ!みたいな)一瞬だったけど、素敵な方でした。





スポンサーサイト
別窓 | 自分って実は | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ぜいたく | 紅炉一点雪 | 値下げ>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。