なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
未婚率の謎
2012-06-06 Wed 00:10
「内閣府が5日に発表した『子ども・子育て白書』によると、日本人の2010年時の平均初婚年齢は男性が30.5歳、女性が28.8歳だった。また、50歳までに一度も結婚をしたことがない“生涯未婚率”は男性が20.14%、女性が10.61%に上昇し、過去最高となった。 30年前(1980年)の平均初婚年齢は男性27.8歳、女性25.2歳なので、男性2.7歳、女性3.6歳の上昇が見られる。生涯未婚率も30年前は男性2.60%、女性は4.45%で、男性は約8倍、女性は約2倍となっている。」


この中で不思議に思ったこと。

>生涯未婚率は男性が20.14%、女性が10.61%

日本は一夫一妻制の国で、男女の人口比率は基本的につりあっているのに、どうして生涯未婚率が2倍も違うのでしょう。男性の方が女性よりも2倍ほど“繰り返し結婚する人とまったく結婚しない人の二極化”が進んでいる?つまり、生涯未婚率の男女差の約1割が「女性は初婚だけど男性は再婚」というグループを指していて、単純化すると、男性〔一度だけ結婚する7割、複数回結婚する1割、結婚しない2割〕、女性〔一度だけ結婚する8割、複数回結婚する1割、結婚しない1割〕という理解?もちろん、男女双方とも初婚ではない場合もあるので、どちらにも含まれる場合の延べ数の問題もあるし…。ああ、数学の「A ∩ B」の世界に入りそう。





スポンサーサイト
別窓 | 考えてみると | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<プルージック | 紅炉一点雪 | 電気工事人>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。