なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
生野銀山
2012-07-02 Mon 00:02
土曜日、沢登りをしに兵庫県まで遠出したものの、山に着くと雨がパラパラ。大阪では晴れ間もあったが、広島から来た人が「雨の中を来た」と証言したので、メインの雨雲はこれからこっちに来ると判断。沢登りはどうせ全身が濡れるので、雨に濡れることは構わないが、もっと降っているかもしれない上流から鉄砲水が来て、登攀中に流される危険性がある。やむなく沢登りは中止した。

さてどうしようとなり、近くの生野銀山鉱山跡へ行くことになった。洞窟好きの私にはもちろん異論はない。生野銀山は、なんと平安時代初期の807年から開坑1200年を数える鉱山だ。最盛期には「銀の出ること土砂のごとし」と書き残されていて、佐渡金山や石見銀山と共に戦国~江戸時代の貨幣体制を支える鉱山となった。明治以降は三菱によって経営され、屋根瓦にさえ三つ菱紋が輝くが、資源枯渇により1973年に閉山された。


IMG_1500.jpg
地下世界における光と闇のコントラストがたまらない

IMG_1447.jpg
販売用と近くの小学校の卒業記念品(二十歳になったら飲むそう)

IMG_1462.jpg
数え切れない人間のノミと槌によって掘られてきた坑内

IMG_1463.jpg
大人が這いつくばってやっと進める高さの通路と仕事場

IMG_1485.jpg
代わってこちらは近代の掘削機跡が弾痕のように残る

IMG_1481.jpg
一枚板の形をしている鉱脈を掘りつくした後に残る空間

IMG_1505.jpg
EVAのネルフの地下基地がこんな形をしていたような…

IMG_1452.jpg
坑内の気温はたったの13度、出ると眼鏡がしっかり曇った





スポンサーサイト
別窓 | 趣味に走るが | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<最初で最後の寿司 | 紅炉一点雪 | 剽窃>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。