なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
魚の利
2007-06-02 Sat 00:27
ある所に大きな湖があり、その半分はA国の、もう半分はB国のものでした。漁をする時、AとBはいつも協力し合って魚を両側から真ん中へ追い詰めて捕らえ、たくさんの収穫を分け合っていました。ある時、AとBは仲が悪くなり、一緒には漁をしなくなりました。すると、Aが魚を捕らえようとすると魚はB側に逃げ込み、Bが魚を捕らえようとすると魚はA側に逃げ込みました。その結果、AもBも不漁に終わったのでした。

中国の西湖で本当にあった話らしい。
漁夫の利ならぬ魚の利である。

スポンサーサイト
別窓 | 考えてみると | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<審査される立場 | 紅炉一点雪 | 地元の温泉屋>>
コメント
★ なるへそ
分け合えば、あまる。
奪い合えば、足らぬ。

と、みつをさんが浮かんできた私。
2007-06-02 Sat 10:09 URL | nagi #C0I4A.uM[ 内容変更]
なぎへ
その通りだねえ。
奪い合った挙句にどっちの手にも入らないんじゃしょうがないね。
でも私はその言葉を知らなかったです。
今度みつをさんの全集を探してみようかな。


2007-06-03 Sun 23:46 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。