なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
審査される立場
2007-06-06 Wed 02:27
今日は今回の帰国のメインイベント、再入国許可の更新手続きをしに横浜の入国管理局へ行った。「永住」権を維持するのに、3年に一度この再入国許可を更新しないといけないというのだからインチキだ。

横浜、そして元町といえば、中華街や山下公園や港の見える丘公園がある素敵な場所だ。
♪こんな晴れた日はふたりで~丘に登ろう~港が見渡せる丘に~♪」とB'zの「TIME」を口ずさみながらフランス山に登るのがオツである。

しかし今日は入管に手続きをしに来たので、こんな上機嫌になれようはずもなかった。私は手続きというものが、そして審査されるという立場が大嫌いだ。パスポートにビザに滞在資格。期限に更新に審査。仕方ないのだろうが、とにかく疲れる。そしてそういう機関の職員が苦手だ。大抵は途絶えることなくやって来る外国人たちと職務にうんざりした顔をしているか、尊大な顔をしている。絶え間ない緊張と見えない侮蔑が漂う窓口や待合室の空気がただ息苦しい。

再入国許可を申請する前に、外国人登録証明書(このカードを常に肌身離さず持ち歩いていないと警察に逮捕される)について聞かなければならなかった。アメリカに行っている間に期限が切れ、市役所の人に聞いたら大丈夫だと言われたのだが、これで再入国許可を申請できるかどうか聞きたかったのだ。

私の番号を呼んだのは、それこそ一番避けたかった尊大な態度のじいさんだった。こっちの説明が終わらないうちに、口をすぼめて「なにこれ、おかしいよこれ、だってこれ期限切れてるじゃない、ダメダメ」と言い切り、次の人を呼ぼうと顔を上げた。あの…人の話聞いてました?

ある程度そういうのを覚悟して窓口に向かったのだが、もう何も言う気になれず、ぐったりして「ありがとうございました…」とだけ言って引き下がった。ダメだ。やっぱり手続きは大嫌いだ。

スポンサーサイト
別窓 | 自分って実は | コメント:14 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<我が番田駅 | 紅炉一点雪 | 魚の利>>
コメント
え、ナニソレ、引き下がったの!?そのじーさんすげぇムカつくんだけど!!こーいうオフィスって「ただ同じ作業の繰り返し」感がこっちにも伝わってくるから嫌だよね。お役所仕事だなぁ。
2007-06-06 Wed 13:49 URL | Ayumi #NYOp8AMs[ 内容変更]
そこゎアメリカで鍛えられた交渉力をフルに発揮しどこですよ~でも私もお役所キライー。はんことかIDとか…だから私が本人だってって思うこと多々。。。
2007-06-06 Wed 14:05 URL | ねずみ #-[ 内容変更]
Ayumiへ
だってもう、何も言う気力がなくてさー。前の人の対応で、そのじいさんがそういう人だと知っていたから、この人に当たりませんようにと思っていたのだが…。
市役所とかだったらまだいいじゃん。そこは入国管理局だから、審査する側・日本人の官憲、審査される側・外国人という図式があって本当に息が詰まる。壁には「外国人の不法就労防止にご協力を」とか書いたポスターが貼ってあるんだよ。こんな国にいたくないって一番思わせる場所だよ…。

2007-06-06 Wed 16:06 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
ねずみさんへ
ううーん、アメリカでもっと鍛えておくべきだったか。
でもアメリカだと大抵は愛想いいから、そんなに気にならない。
それに対して、入管職員・じいさん・顔も態度も尊大、という三拍子…。
とってもストレスフルでした。

2007-06-06 Wed 16:12 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
外国人の不法就労防止にご協力を」とか書いたポスターって…
なんか圧力を感じますね;;
その場には長くいたくないですね。。。

とりあえずめげずに手続き頑張って下さいmm
早くこれ以上問題なく進むのを祈ってます。。
2007-06-07 Thu 05:41 URL | kyokocat #-[ 内容変更]
同じ体験をさせられたことは多数がある。入管だけてはなく、公安局、役所、職場の中ても。要は審査される、管理される立場になる時に。
話少し外れるけど、自分の立場を乗り越えて人間の価値を対等に認めることは「謙虚」という。偉くても弱い人と対等に付き合えること、弱くても偉い人に媚びないことは言葉によって教えられないと思う。かなりの人生経験を通じて勝ち取った自信を持たない限りできないだろうね。。。
2007-06-07 Thu 06:18 URL | mama #-[ 内容変更]
こんにちは。大変でしたね。
そういういやな思いをさせる年配者がいることを・・・恐らく同世代として(私は53歳です)若い人に対して申し訳なく思います。
その人は長い人生の中で、他の人に優しくすることや、親切にすること、謙遜であることを学んではこられなかったのかもしれません。でも、もしかすると、その日は特別ストレスに感じることがあって、一時的にいらいらしておられただけかもしれませんので、その人の全人格を悪いものとして決め付けることは出来ないかもしれませんね。いずれにしても、その場面で幸福と一番遠いところにおられたのは、当の本人だったと思います。

>偉くても弱い人と対等に付き合えること、弱くても偉い人に媚びないことは言葉によって教えられないと思う。かなりの人生経験を通じて勝ち取った自信を持たない限りできないだろうね。。。

そのためには、行き当たりばったりに、漫然と経験を積むのではなく、まず良い価値基準を『教えられる』ことが必要かと思います。それに従ってさまざまな場面でそれを適用して、成功したときは喜んでその特質を伸ばし、失敗したときは自分自身の弱点と取り組み克服していくことにより、穏やかで辛抱強く愛に満ちた、大人へと成長していくことができ、それが自尊心となり、他の人が自分を低く評価しようと高く評価しようと、動かされない・・・つまりちょっとほめられると有頂天になったり、ちょっとけなされると、機嫌を損ねたりすると言うようなことのない・・・人になって行けると思います。まずは・・良い価値基もしくは、人生を成功させる原則を学び、自分自身の心の中に根ざさせることが大切だと思います。

たとえば、今回の場合、どんな原則があるかと考えてみました。善を持って悪を征服すると言う言葉をご存知かもしれませんね。悪いことには悪いことで応じるのではなく、良いことで悪いことを消滅させると言うことです。
相手に敬意を払うと言う善について考えて見ます。
まずそのような場所に出向くときは、それなりの服装があると思います。最近そのルールはかなり崩れていますので、分かりにくいかもしれませんが、服装は相手のことをどう考えているかを明らかにしてしまいます。(デートのときに相手の人がきちんとした身なりで来てくれたら、自分のことを尊重してくれていると感じるでしょう?)
それから、「恐れ入ります・・」「申し訳ありませんが・・」「すみませんが・・」「実は私の場合、少し面倒なことがありまして、お手間を取らせると思うのですが・・・」など、相手に敬意を払っていることを表せる言葉を選びます。確かに、相手はこの場合自分のために何かしてくれる人なので、敬意を払うべきなのです。また、心からの感謝の言葉も述べるべきだと思います。たとえそれが彼にとっては単なる仕事であっても。
そして、待っている間も、軽く微笑んでいることを忘れないようにします。多くの人が集まる場所では、それが多くの人に対するふさわしい敬意かと思います。

そのようにしていると、若い人であっても、それなりに威厳を保つことができるはずです。
それらのことは、表面を取り繕うためではなく、練習としてたびたびしていくための提案です。そのようにして本当の自分の人となりにふさわしく魅力的な威厳を(えらそうにすることではなく)加えていくなら、自尊心が高まり、いつも穏やかでいられると思います。
人は、たいてい自尊心のない人を、軽んじる傾向がありますので、本当に良い自尊心が備わるまで、ずっと何十年も自分をトレーニングしていくなら・・・・・年をとったときに、おそらくmamaさんがおっしゃっているような人になれると思います。
もちろん、いろいろな人がおられますので、そのようにしたからといって、よい結果が得られるとは限りません。でも、自分の心の中には将来刈り取れる良い実が結ばれることでしょう。また、満足感や達成感も得られると思います。


少し前に、バージニア大学の事件から、ここにたどり着き、ゆにんさんのお人柄に引かれてお気に入りに入れました。私は記事を読んでゆにんさんの人となりが魅力的であることを知っていますので、その場面ですぐにパスさせてあげたと思います。でも、その係りの方には分からなかったのでしょうね。いつか・・・ゆにんさんのその内面の本当の人が自然ににじみ出て、どこにいても、その存在そのものが輝き、周りの空気を緩ませるような人になられると思います。人にとって有益な・・・と、確か・・・そんな人になりたいとどこかで言っておられたよな記憶があります。
2007-06-07 Thu 09:58 URL | mega #JalddpaA[ 内容変更]
megaさんへ
娘のブログを通じてコミュニケーションできるのは嬉しいです。頂いたコメントを読んで、チャンスがあれば一度でも会ってお話を伺いたい方ですね。今後とも引き続き人生の先輩として娘にこのような真摯的なアドバイスを書いて頂くようにお願いします。
2007-06-08 Fri 00:02 URL | mama #-[ 内容変更]
mamaさんは、本当にゆにんさんのお母様だったのですね。賢く正直な良いお子さんをお持ちになって、お幸せな方だと思います。
 こんな時代ですので、若者たちが本当に悪い影響を受けてすさんでいくことを悲しく思います。でも、こんな時代だからでしょうか、本当にまじめに人生について考えたり、将来を意識してよい道を歩こうとしているゆにんさんのような若者たちも増えているように思います。そのような人たちの道がなだらかで、安全であるようにと心から願っています。若者たちに本当の意味でよい影響を与える大人となれるように学び続け成長し続けていきたいと考えています。いつかお会いできると良いですね。

ゆにんさんの場所をお借りしました。ありがとうございます。
2007-06-08 Fri 23:56 URL | mega #-[ 内容変更]
kyokocatさんへ
圧力でしょー。外国人に優しくない国なんです、日本は。
まあ、優しい国なんてあるのかという話ですが。

ありがとう。まだまだ手続きはあるので、頑張ります。
将来こういうのを変えて行ける立場の人間になりたいけど、なれるかしら。

2007-06-09 Sat 01:39 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
mamaへ
威張ることは強さじゃないってよく言うよね。
頭を下げたぐらいで傷つくようなプライドは本当のプライドじゃないって。
だから、謙虚さも「心は錦」も大事なんだろうね。
それを本当に実践できるようになるのは難しい…。

2007-06-09 Sat 01:44 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
megaさんへ
おそらくその職員はmegaさんよりももう少し年配だったと思います。同年代だからといって申し訳なくなんて思わないで下さい。
話は逸れますが、世代という括り方は面白いですよね。性別も育ちも経験も違うのに、それで括られてしまうのですから。よく言われる「今時の若い奴は」もそうだし、たとえばそれは私が石原都知事の三国人発言を聞いて、あの世代の人間全員が恐ろしくなったようなものです。目に見えない力である時代というものは確かにあるのでしょう。

自尊心とは難しいものです。megaさんも良い自尊心という言い方をされましたが、自尊心には色んな種類があるようです。問題はその自尊心が何に根ざしているかという事だと思います。自分の中の揺るぎない人生経験則に基づいている自尊心はその人間を穏やかにさせ、周りの尊敬を集めますが、たとえば他人を見下す事によって生み出された自尊心はその人間を下卑た根性にし、周りを不快にさせるでしょう。だから、良い自尊心が大事なのですね。そして、他人に対して偉そうであるのは良い自尊心ではないと思います。あなたはそうする事によってしか自尊心を保てないのかと言いたくなるからです。

なんだか色々と褒めて頂いて恐縮です。警句を弄するのみで結局は何もしない人間にならないよう、本当の意味で有益な人間になれたらと思います。

2007-06-09 Sat 02:12 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
★ 承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2007-06-14 Thu 09:14 | #[ 内容変更]
★ 承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2007-06-14 Thu 21:28 | #[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。