なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
ヨセミテの旅
2007-08-11 Sat 15:55
     アンセル・アダムズが撮った風景


     これこそが指輪物語のエントだ



やっと行けたぁー!!ヨセミテ国立公園。

ヨセミテは、その名に違わぬ絶景だった。文字通り神々しさを感じさせた雄大な岩山、トールキンが描いたエントのような巨木。この風景を半世紀前に写真家であるアンセル・アダムズ(Ansel Adams)は見て、白黒のネガに焼き付け、議会に送り、アメリカの国立公園を作らせたんだなと思うと、何とも感慨深かった。

ちなみに、ヨセミテのツアーに参加するためにサンフラで取った宿がこれ。バックパッカー御用達、寝る場所さえありゃオッケーなホステルである。下の段が私のスペース。

     だから汽車が好きなのよー(二段ベッド好き)


こういうドーム(共同)形式では、一晩20ドル前後で泊まれる。今まで泊まった中で一番安かったのは一泊15ドルだったが、サンフラは若干物価が高くてこの宿は23ドルだった。値段の安さもそうだが、色んな場所から来た他の宿泊者との交流や、「旅してるなあ~」という気分が好きで、今回もホステルにした。日本の11月のように寒いサンフラの夏(実話)の夜を暖かく寝られたので、今回泊まったホステルにはなかなか満足だった。


追伸・Misaへ。お世話になりました。どうもありがとう!

スポンサーサイト
別窓 | 流れ行く日々 | コメント:0 | トラックバック:1 | ∧top | under∨
<<サンフラの食 | 紅炉一点雪 | 手作り>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
ネコを撮る (朝日新書 33)
ネコの写真だけでなく、ネコを撮影している岩合さんの写真があってかなり参考になります。巻頭の16ページがカラー、あとはモノクロ写真で構成されています。岩波新書のように、全編カラーの構成がよかったかも。第4章は、”野生のネコ”。野良ネコではなく、ネコ科のライオ …
2007-10-03 Wed 07:10 ちひろのblog
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。