なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
歴史の必然
2007-09-14 Fri 04:04
とんでもない事とかバカバカしい事とか、なんでこんな事が起こるんだよと思うような出来事も、よく考えてみれば必然なのかもしれない。

たとえば、アドルフ・ヒトラーが戦争を始めたのは、“アーリア民族“たるドイツ国民が住むための領土獲得とそこに住む“卑賤な“ユダヤ人を駆逐するためなのだが、この目的ゆえに戦争が進むにつれて滑稽な事になっていく。

まず、ヒトラーの支配する第三帝国の“ドイツ“の中にユダヤ人がいてはならなかった。しかし、ドイツ軍は他国を侵攻して領土を拡張した。つまり、“ドイツ“が広がっていった。そうなると、そこにいるユダヤ人も駆逐しなければならなくなった。こうして戦争に勝って領土を増やせば増やすほど、自分で重荷を増やした。

そう、ユダヤ人にとってドイツ軍は悪魔だったが、ドイツ軍にとってもユダヤ人は重荷だった。前線へ物資を運ぶ列車よりもユダヤ人を詰め込んだ列車に線路が優先され、ユダヤ人の駆逐のために膨大な量の銃弾、兵員、時間、物資が費やされた。しかも戦争を続けるにつれてその負担は増え続けた。

フランスをわずか6週間で降伏させ、欧州大陸を制覇し、300万人の大兵力を以ってソ連を侵攻してモスクワまであと60キロという時点まで迫りながら、物資も人員も消耗し尽くして戦争に負けたドイツ軍。そこでいつも思うのは、もしユダヤ人に費やした物資や兵士や時間を戦争に投入していたら、今頃世界はどうなっていたかわからない。

そう考えると、とてもバカバカしい。そもそもヒトラーが戦争を始めた理由がバカバカしかったのだ。しかし、そこに歴史の必然があるのではないかと思う。つまり、そんなバカバカしい理由だからこそ戦争が始められ、そんなバカバカしい理由だからこそドイツは鉄の団結を以って第三帝国となり、そしてそのバカバカしい理由ゆえに全てを失った。

この「歴史の必然」こそが、正義というものの正体かもしれない。

スポンサーサイト
別窓 | 考えてみると | コメント:5 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<初めてのお化粧 | 紅炉一点雪 | 熊出現>>
コメント
バカバカしい戦争を始めた奴はバカバカしく負けるって事??
それが一番いいなぁ。
2007-09-15 Sat 11:54 URL | mami #-[ 内容変更]
★ 正義
人の数だけ正義はあるって言葉を聞いたことがある。愛とか正義っていう言葉は目に見えないから、とても抽象的で人の数だけ愛や正義の定義っていうのがあるんじゃないかと思う。自分の「正義」のために行ったことが戦争である場合もあるだろうし、それはその人の「正義」という概念なのかもしれない。そう考えると、だれが正しい「正義」を説明することができるんだろうね?また誰が「正しいこと」を説明できるものなんだろうね?本当に人の価値観、考え方、抽象的なものへの概念っていうのは多様化しているんだなと思うよ。
2007-09-15 Sat 22:47 URL | chiaki #-[ 内容変更]
★ 付け加え
ゆにんのこういう記事を読んでコメントを残すのがわたしは好き。ここのコメント欄がちょっとした討論の場になることがあって面白いよね。他の人の意見を読むのも楽しい。
2007-09-15 Sat 22:48 URL | chiaki #-[ 内容変更]
mamiへ
そうそう。もしかしたらそういう風に出来ているのかなと思って。
あ、君のテロリストについての記事も興味深く読んだよ。
でも、バカバカしい戦争はバカバカしく負けるように出来ているんだとしても、その過程で被害を蒙る人間があまりに多すぎて、いつかはバカバカしく終わると思ってもやっぱりやり切れないよね。


2007-09-17 Mon 14:27 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
chiakiへ
ありがとう、私も記事がきっかけで意見交換をするのが面白いよ。
意見をぶつけ合うわけだから、いつでも「楽しい」議論じゃない事もあるけど。

人の数だけ正義があるって私も信じている。肉体を共有し得ない以上どの人も自分の視点から世界を見るしかないわけで、それによって人の数だけ「真実」があるんだから。極論してしまえば、要はその人のやりたい事がその人にとっての正義なんだろうな。
よく考えてみると正義には個人の正義と全体の正義があって、正義という言葉が普通意味するのは全体の方なんだと思う。「弱い者を助ける」というのが全体の正義だとして、その行為が自分の利益を損なう結果となるからやりたくない場合、個人の正義と全体の正義が相反する事になる。(例を挙げると、電車に遅れそうで急いでいる時に改札で荷物が挟まって困っているお年寄りがいて、それを助けるかどうかなど。)で、正義を乱用しているなとうちらが思う時は、政治家などが全体の正義を盾に個人の正義を主張している時なんだろうね。ブッシュが「独裁者をやっつける」(全体の正義)を言い訳に、石油ほしさ(個人の正義、または欲)にイラクを侵攻したみたいに。正義にはいくつものレベルがあると思うと色々説明できそうだなと思ったり。そしてやっぱり、正義を定義付けるのは個人個人でしかないんだろうね。

2007-09-17 Mon 14:56 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。