なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
そりゃ「以外」ですけど
2007-11-02 Fri 03:46
昨日のことである。

ボストンキャリアフォーラムでエントリーを出していた企業の一つからこんな返事が来た。

「弊社では日本人以外の方の採用は見送る方針でおります。ご理解頂きたく宜しくお願い申し上げます。今後ますますのご健勝、ご発展をお祈り申し上げます。」

「左様で御座いましたか。それは存じ上げませんで誠に失礼致しました。」……なんて売り言葉に買い言葉な返信はもちろんしていない。

言われて改めて思い出すような事実でも、言われるとショックなものである。前までは「貴殿の貴意に添いかねる結果となりました」などという回りくどい言い方は文字数の無駄だと思っていたが、逆にこうして露骨に説明されても嫌なものだと思った。「貴殿の貴意」とか文法的に問題がありそうな文章の方がまだマシかもしれない。

そして、アピールポイントというのは選考の材料に差し出すという事であり、それが是の理由にも非の理由にもなり得るのだなと改めて思った。いい勉強になった。と、思う事にする。

スポンサーサイト
別窓 | 自分って実は | コメント:8 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<「絡新婦の理」読了 | 紅炉一点雪 | 乾杯>>
コメント
日本人より難しい日本語使えるのにね。
価値がわかってないなぁ。
2007-11-03 Sat 10:18 URL | yumi #-[ 内容変更]
Yumiさんへ
コメントありがと。
いやぁ、ねえ。複雑な気分でしたよ。
「はあ」以外になんと答えていいものやら。

書類とはその人間をサマライズして他人に示すには便利だけど、逆に本人が書類の方にサマライズされて本当の価値がどちらにあるのかさえわからない世の中です。

2007-11-03 Sat 10:34 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
ご理解ください・・・といわれても、理解できる要素が何も述べられていませんね。日本人以外はお断りであることを理解しなさいということなら、単なる差別ですね。
 でも、恐らく今のビジネスの世界は、構造上もともと公正というものが評価される場ではありませんので、どんな人を採用するかという点で、優位なのは圧倒的に企業側なのは確かなのですから・・・良い勉強になったというゆにんさんのご意見が一番、賢いといえるかと思います。
 
学生であるということと、社会人であるということには、大きな隔たりがあると思います。学生は良い成績を収めれば、高く評価されます。昔は企業もそういう学生を採用すれば間違いないと思っていましたが、企業の需要は最近は変化しています。
 夫が経営している小さな町工場に、女子大生が就職活動で来ることがあるそうです。彼女たちがアピールするものは、わが社には全く必要がないものばかりです。わが社の場合、簡単な計算ができて、きちんと書類の管理ができて、事務所がきれいに掃除できれば十分です。ですから、もちろん採用したことはありません。
 教育程度が非常に上がっているので、恐らく、ほとんどの人は、企業の中で自分の能力を希望通りに発揮できずに終っている人が多いのではないかと思います。能力のある人はたくさんいるので。
 これからは、正直で、勤勉で、人とうまくやっていくことができ、いろいろな年齢層の存在する社内に健全で友好的なムードを作り上げることができ、お茶汲みでも、お掃除でも、使い走りでも何でも上手にでき、文句を言ったり、噂話をしたりしない、芯のしっかりした人・・・というような、徳の高い人が、評価されるかもしれない・・・と思い、そんな学校を作れたら良いなぁ・・・などと、夢見ております。もちろん、実現する気ははじめからない、単なる夢です。
 
 いずれにしても、企業側はそれぞれに独特の価値基準を持っているので、それを把握して身につけるか、あるいは自分の能力が企業にとって必ず役に立つということを説得力をもって説明するということは、大切なことだと思います。
 
 断られた会社はゆにんさんにとって魅力的でしたか?・・もし本当に入りたい会社であったのなら・・・あきらめずに、だめでもともとと考えて、審査してくださったことに対する心のこもった感謝の言葉と共に、憧れの会社に入ることができなくて残念であったということを一言伝えても良いかもしれませんよね。もう一度ゆにんさんのことを思い出してもらい、ちょっとだけアピールして終わりになさっても良いかと思います。もしかしたら、「意外と、日本人的精神(その是非はともかく)を持っているかも・・・・」と思っていただけるかもしれませんよ。保証するものではありませんが。
 結果として人生の中でのただ一度限りのふれあいで終るものであっても、そよ風を吹かせることができ、良い印象を与えることができると思います。もちろん、チャンスを狙うという魂胆だけでそうするのは、いやらしいことですね。でも、断られようと受け入れられようと、ちょっと素敵なふれあいを人生の中で演出しながら生きていくのは、素敵なことです。そんなお返事を出してみる・・それは、自分を訓練するものとなると思います。恐らく、心も暖かくなると思いますし、自尊心も失わずに済むと思います。ちょっと冷たい偏見を持った企業(社会)に、暖かな風を送り込めるかも。
・・・少年よ、大志を・・・
2007-11-03 Sat 16:21 URL | mega #JalddpaA[ 内容変更]
お久しぶり。
馬さんもボストン行くの?
じゃあボストンで会えそうだね笑
2007-11-05 Mon 09:12 URL | 中祥 #-[ 内容変更]
megaさんへ
そこまで行きたかった会社かというとそうでもないので、わざわざ返事を出しませんでした。慇懃に返信をしても嫌味に取られたらいやですからね。

仰ったような「正直で、勤勉で、人とうまくやっていくことができ、(中略)お茶汲みでも、お掃除でも、使い走りでも何でも上手にでき、文句を言ったり、噂話をしたりしない、芯のしっかりした人」には大方賛成ですが、それが「徳の高い人」というかどうかは意見が分かれるかもしれません。私は正直に言って、女性社員のみに割り当てられるお茶汲みや掃除といった仕事をしたいとは全く思いません。男女の別がないのなら快くできますが、現実に女性社員にお茶を汲む男性社員というのは日本にいるでしょうか?これが日本企業で働きたくないと思う理由のトップでもあります。私情でした。

2007-11-07 Wed 04:29 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
中祥くんへ
おお、久し振り。
ボストンね、遠いからいやなんだけどね。
もし会場で見かけたら声をかけてくれい。

あのスーツだらけの会場を思うと今からいやだよ。
見ているだけで疲れてくる光景だ。

ま、がんばろう。

2007-11-07 Wed 04:33 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
★ 僕なら
お久しぶりです。

自分を相手にしない企業のことは
放っておくのが一番です。
特に人種がどうとかいうところなどは。

僕は地元に赴任してこんなこと言われました。
あなたは、たまたまここに来ただけで
そういう人に仕事されるのは困るんだよねと。
すると地元でできた親友はこう言いました。

「アホは、ほっとけ」

彼と友達になってよかったなと今でも思います。
自分のことを理解してくれる人たちを
これからも大切にしてくださいね。
2007-11-26 Mon 23:45 URL | 奇者 #7MTQGSMg[ 内容変更]
奇者さんへ
温かいコメントをありがとうございます。

士は己を知る者の為に死すって言葉がありましたね。それくらいそのような存在は得難く、守るべきものであると解釈しています。そして、自分の知己者を大事にすると同時に、私も関わりのある人々の知己者でありたいと思います。

奇者さんの親友の力強い言葉に私も励まされました。奇者さんがその方と親交を結んだのは偶然じゃない気がします。

いやぁ、就職活動って人間が鍛えられるなぁと思いました。


2007-11-28 Wed 02:35 URL | ゆにん #F0Z38fwo[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。