なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
低気圧
2007-12-01 Sat 04:31
低気圧って本当に気圧が低いんだな!

実は化学のバイト先で、気圧を見るという業務がある。1メートルぐらいの壁取り付け式の水銀柱の目盛りを読んで、ラボの学生にその時の気圧を伝えるのだ。沸点の温度は気圧によって変動するから、沸点を計測して試薬を当てる実験をしている彼らは一日に何度も気圧を聞きに来る。

標準的な平地での場合、1気圧は760mmHg(水銀柱のてっぺんが1メートルのうちの76センチの所にある)だが、リノは海抜5000フィートほどの高地なので気圧が低く、平均して650mmHgほどだ。変動域は647mmHg~653mmHgぐらいで、30分もすると変わっていたりする。

この気圧を昨日見た時は647.6mmHgしかなく、ボスのダンに「今日は気圧が低いね」と話した。ダンは「うん、明日は風が強いか雨になるだろう」と言い、私は今雨が降るような湿気があったら雪になるだろうと思った。そしたら大当たりである。今朝家を出たら細雪、一時間後にはぼた雪になった。

よく天気予報で「低気圧が近づいているので天気が崩れるでしょう」という言い方をするが、低気圧の低はウソじゃなかったのだなぁ。

スポンサーサイト
別窓 | 会社に行くと | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<宮本輝の不倫小説 | 紅炉一点雪 | 就職ブルー>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 紅炉一点雪 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。